デュエプレ

【たんぼのたなか。YouTube】『【デュエプレ】Tier1!? カチュアを狩れる最新のアクアン天門がめちゃくちゃ勝てたwww ND #27【デュエルマスターズプレイス】』|カチュアに勝つためだけのデッキ!?

今回も引き続き、スマホゲーム「デュエプレ(デュエル・マスターズ プレイス)」をYouTubeで配信されたYouTuber「たんぼのたなか。」さんの動画を観た感想記事となります。

 

今回の「たんぼのたなか。」さんの動画はこちら↓

 

(また、下記記事では「たんぼのたなか。」さんの魅力についても紹介しています↓↓↓)

たんぼのたなか。(YouTuber)とは?|プロフィール、本名・素顔・年齢・デュエプレ(ゲーム)配信の特徴等についてご紹介します!

 

 

【たんぼのたなか。|YouTube】対カチュア性能抜群!?ヘヴンズゲートデッキ!!

今回「たんぼのたなか。」さんが紹介していた、のヘヴンズゲートデッキ。

このデッキは、序盤に『ロスト・チャージャー』などでマナ加速&『ボルメテウス・サファイア・ドラゴン』(以下、サファイア)を墓地に送り、『インフェルノゲート』で召喚する準備をしたり、手札を『アクアン』等で補充して、6マナ溜まり次第『ヘヴンズゲート』で強力ブロッカーを召喚したりと、戦い方が複数あります。

それゆえ、どんなデッキ相手でもある程度戦える、それがこの(別名)"天門デッキ"です😆

『ボルバルザーク』のデュエプレ殿堂入りと『サファイア』の登場により、『サファイア』でシールドを墓地送りにする戦い方が主流になった感じですね。

『ボルバルザーク』がデュエプレ殿堂になる前は、『剛撃精霊エリクシア』などの強力なブロッカーもシールドを割る役ではあった訳ですが、今では相手を牽制したり、場を制圧するためだけ?の置物感も増している気がしています。

そのため、最近の構築では、『エリクシア』を抜いて『サファイア』召喚に注力したデッキタイプが多いです。

私は、あまりこの手のコントロールデッキを使う事は多くはないのでわからないですが、小型クリーチャーを無視してくるコントロールデッキと当たったら、『サファイア』が召喚できていなくても、突撃してシールドを減らしに行く勇気も時として必要かなと思ったりします🤔

確かにシールドをブレイクする事によって、相手の手札が増えるのはデメリットですけれども、そういう勝ち方もできないか、これから色々試していきたいと今回感じました。

例えば、『炎槍と水剣の裁き』を唱えられて手札を回復(補充)されるぐらいなら、シールドをその分ブレイクするのもアリ!?かとか考えて試してみたいですね😋

このデッキ、『エターナルガード』が入っているので、今流行りのカチュアデッキには結構強いというのも納得です。

 

【たんぼのたなか。|YouTube】カチュアデッキ以外は厳しい!?

実際、カチュアデッキとこのデッキで戦ってみましたが、なんとか勝てたぐらいです😬(この時は、相手が4ターン目まで除去サファイアデッキを装うマナ置きをしていたため、気づかず若干不利になっていました。)

ヘリオス・ティガ・ドラゴン』がいる状態で、『白虎の剣皇ダーク・サラマンダス』が召喚される(=手札全破壊)のさえ防げれば、なんとか勝てると思います。

ただ、「たんぼのたなか。」の話にもあったように、メカオーデッキやツヴァイデッキにはキツいので、よく当たるデッキがカチュアというわけでなければ、あまり使う必要がないデッキかもしれませんね。

メカオーデッキやツヴァイデッキのフェニックスがこのデッキの要である呪文(ヘヴンズ/インフェルノゲート)を封じられたりするのがかなり痛いんだと、グレートメカオーデッキを使っていた時に感じています。

天門デッキと当たったら、フェニックスさえ出せれば大体勝ちみたいな感覚が自分でもありましたからね😇そういう意味だと思います。

 

【たんぼのたなか。|YouTube】最後に

今回は、「たんぼのたなか。」さんの『【デュエプレ】Tier1!? カチュアを狩れる最新のアクアン天門がめちゃくちゃ勝てたwww ND #27【デュエルマスターズプレイス】』を紹介しました。

一昔前は、金持ちデッキと言われていたこの天門デッキですが、今は結構もらえるパックやゴールドも増えてきていて、作りやすくなってきましたね。

使ってみると何をマナに置くか毎ターン迷ったりしますが、使いこなせれば強いクリーチャーをボンボン出せて楽しいので、そういう意味ではおすすめです😁

以上です。

 

-デュエプレ
-

© 2021 ユクゾーのゲームBLOG