デュエプレ

【愛の戦士 YouTube】『【デュエプレ】ついに神を凌駕してしまう哀哭の超人!【無敵の一撃!!】』|"パワー"こそが正義だった時代

今回も引き続き、スマホゲーム「デュエプレ(デュエル・マスターズ プレイス)」をYouTubeで配信されたYouTuber「愛の戦士」さんの動画を観た感想記事となります。

 

今回の「愛の戦士」さんの動画はこちら↓

 

【愛の戦士 YouTube】コスパはピカイチ!"ジャイアント"

今回「愛の戦士」さんが紹介していた、種族"ジャイアント"を中心とした(インビンシブル)パワーデッキ

"ジャイアント"と言えば、「パワー」!
パワー」と言えば、『インビンシブル・パワー』!

きっと、そういうイメージを抱いて「愛の戦士」さんもこのデッキを作ったに違いありません・・・?
(少なくとも私は、このデッキをひと目見てそう思いました😆)

自然文明と言えば、「パワー」🤩

(私が)そういう印象があるのも種族"ジャイアント"と『インビンシブル・パワー』の存在があっての事でしょう。

今回登場する『哀哭の超人(ノクターンジャイアント)』もパワーの高さ(だけ)が売りです。

そんなに低い(マナ)コストでそんなに高いパワーのクリーチャーがいるの!?、と小学生の頃はその魅力に惹かれていました😇

しかし、このような"ジャイアント"がその低いコストで高いパワーを手に入れるのには、代償が伴います🙃

それがデメリット効果です。
(哀哭の超人の場合、「クリーチャーをアタックできない」)

ときに、このデメリット効果がメリットに変わる瞬間もありますが、基本的にはデメリットです🤗
哀哭の超人の場合、「強制的にクリーチャーをアタックさせる」効果の影響を受けないなど)

 

【愛の戦士 YouTube】洗練されてないからこそ楽しめる事(デュエル)もある

今回の動画の主役である『哀哭の超人』。

インビンシブル・パワー』と掛け合わせれば、7マナクリーチャーでもシールド5枚ブレイクができるという意味で、そのデメリット効果を無視できるほどの魅力を備えています🤩

7マナで(インビンシブルパワー発動時)パワー26000(24000以上なら5枚ブレイク)のクリーチャーなんてそうそういないので、ある意味貴重な存在です。

小学生時代の私も、紙のデュエル・マスターズでこの『哀哭の超人』には随分お世話になった記憶があります。

当時、憧れの強くてカッコいい"スーパーレア"カードを手に入れるのは難しいなか、低レアリティでパワーが高いこの『哀哭の超人』(ただの"レア")は比較的手に入りやすく、お手軽に用意できる(私にとっては)切り札的存在でした😌

このカードが切り札になり得たのも、小学生ゆえの知能の低さ?(思考の単純さ?)と今(デュエプレ)ほど"スーパーレア"が揃えられなかったのもあると思います。

持っているカード自体も友人とのトレード(カード交換)で、多少は欲しいカードを手に入れられた事もありましたが、デッキとしては今(デュエプレ)では考えられないほど不完全で不安定な出来でした。

そんな環境でも、小学生なりに洗練されていないデッキ同士で友人とデュエルするのは、不思議と楽しかったですね〜。

カードの種類も紙のデュエマより少なくて、ネットで"強い"デッキというのが、誰でもすぐに知り得る今のデュエプレの時代😎

正直なところ、今のデュエプレでは"あの頃のようなデュエマ"を楽しむ体験がなかなかできなくなったなと個人的に思っています。

今後の改善でどうにか、もっとなんとかならないか願ってやみません🥺

 

【愛の戦士 YouTube】最後に

今回は、「愛の戦士」さんの『【デュエプレ】ついに神を凌駕してしまう哀哭の超人!【無敵の一撃!!】』を紹介しました。

私だけかは分かりませんが、今はカジュアルマッチでネタデッキを使おうものなら、何回やってもたった一回の勝ちを手に入れるための根気と楽しむ気概が無いと、心が折れてしまいます😅

もしアップデートで、同名カード2枚以上投入禁止ルールとか作ってもらえたら、ぜひやってみたいですね〜😋(そんな日が来るかは疑問ですが)

デュエプレもビジネスですから、今のデュエプレに無いもの(上記ルールなど)を求めるなら、ビジネス面のプラス要素(課金売り上げアップ?)が見込めるものと判断されなければならないのが難しいところですよね。

以上です。

 

 

-デュエプレ
-

© 2021 ユクゾーのゲームBLOG