デュエプレ

【闇の帝王 YouTube】『【驚愕】世界1位が編み出した『ナーガドルバロム』がエグすぎた...全デッキにマウントが取れるチートデッキが世界で初公開されるw w w w w【デュエプレ】【デュエマプレイス】』|絶滅危惧種『ドルバロム』

今回も引き続き、スマホゲーム「デュエプレ(デュエル・マスターズ プレイス)」をYouTubeで配信されたYouTuber「闇の帝王、不敗の猛者」(以下、「闇の帝王」)さんの動画を観た感想記事となります。

 

今回の「闇の帝王」さんの動画はこちら↓

 

闇の帝王 YouTube】欲張り構築!"ナーガ&ドルバロム"デッキ

今回「闇の帝王」さんが紹介していた、『邪魂王ナーガ』と『悪魔神ドルバロム』の2つの進化(GV)クリーチャーを切り札とするのデッキ。

まず、最初に思うのが進化元が複数必要な『ナーガ』と、それとはまた違う進化元を必要とする『ドルバロム』を1つのデッキに混在させたりなんかしたら、「中途半端になって弱いんじゃないの?」、と。

しかし、案外イケるようですね😀

その理由はたぶんですが、『ナーガ』『ドルバロム』の進化元が優秀だからなんじゃないでしょうか☺️

特に『ドルバロム』は『邪霊神官バーロウ』が高コストではありまずが、別の種族と比べても最も優秀な進化元クリーチャーだと思います😤

コイツさえあれば、お手軽に『ドルバロム』を召喚できますし、極端な話ですがコイツだけを進化元でデッキに入れるだけでも大丈夫なんじゃないかってぐらいです。

このデッキ、そもそも文明がなのが強いですからね。

個人的に、この2つはデュエプレ最強文明と思っています。

 

闇の帝王 YouTube】『ドルバロム』は『アルファディオス』より弱い?

通常、『ドルバロム』『アルファディオス』この2つはどちらかが出たらどちらかは出せないので、お互いもしくは他のデッキに対してどれだけ早く確実に出せるかで強さが分かると思います。(強さと言っても、あくまで私の感覚です)

まずは『ドルバロム』デッキ😈
一般的にこのデッキは、いかにマナを加速(チャージャー系呪文や時々『フェアリー・ライフ』)し、最速で『ドルバロム』を出せるかという戦い方が主流だと思います。

そのためには、序盤に『ロスト・チャージャー』などで『ドルバロム』を墓地に送り、マナが溜まり終わる頃までには『バーロウ』を手札に持ってくる運が必要です。

もっと言えば防御面が弱いので、速攻などの相手に対しては、手札から発動させる除去呪文やシールドトリガーがうまく来ないと簡単に負けてしまいます😬

一方、『アルファディオス』デッキ😇は

一時流行った、ヘヴンズゲートデッキの切り札として入れるタイプを除き、『悪魔聖霊アウゼス』を中心としたデッキに入るのが主流です。

戦い方はいくつかあり、最速でアルファディオスを狙うパターンや、『アウゼス』で盤面(=バトルゾーン)を処理しつつ満を持して出すパターンなどがあります。

序盤から使える強力なサポートカード『聖騎士ヴォイジャー』や『光輪の精霊ピカリエ』などで手札が補充できるしやすいため、初期手札が悪いと厳しい『ドルバロム』と比べ、運ゲー要素が少ないのがメリットです😉

結局、運に頼る割合が多いデッキというのは、ネタデッキと同じになってきてしまうので、そういう意味では『アルファディオス』の方が強いと思います🤗

 

闇の帝王 YouTube】最後に

今回は、「闇の帝王」さんの『【驚愕】世界1位が編み出した『ナーガドルバロム』がエグすぎた...全デッキにマウントが取れるチートデッキが世界で初公開されるw w w w w【デュエプレ】【デュエマプレイス】』を紹介しました。

個人的に『ドルバロム』、速攻デッキには間に合わない、コントロールデッキにはあまり効かない(が多いから?)印象です🤔

7弾環境になってから、全然『ドルバロム』見ないので勝手に上記のような原因を想像で書きました。
もしかしたら、思い込みで『ドルバロム』の悪い点ばかりを見てしまってるかもしれません😅

ただ、ほんとにここ最近『ドルバロム』が一瞬流行ってましたね。

以上です。

 

 

-デュエプレ
-

© 2021 ユクゾーのゲームBLOG